【課外活動】ゆめちからの栽培研究 最終発表会

本校では2018年度から、ゆめちからという種類の小麦を育てています。

過去の様子

昨年の10月に撒いた種は今年7月に収穫を迎え、肥料の量でどのように収穫量やタンパク質量、千粒重に差ができるのか、などを分析してきました。

同じくゆめちからを研究している他の2校と一緒に、その結果を9月の最終発表会で発表しました。

ゆめちからのパンを販売しているパスコの社員の方や、ゆめちからを開発された東京農業大学の西尾先生、株式会社リバネスの社員の方、研究をしている他校の生徒さんたちがいらっしゃる中での発表で、学校でのプレゼンテーションよりも緊張した面持ちでしたが、放課後にたくさんの時間を使って準備してきた甲斐があり、プレゼンテーション賞を頂きました!

   

     

この日のために作成したポスターは、10月12日(土)・13日(日)に開催されます開橋祭で理科室の前に展示します。

もし来校することがあれば是非御覧ください。

また、12月にあるサイエンスキャッスルという中高生向けの学会でも発表する予定です。