学園長あいさつ 青木徹

「世界中の人々や文化を理解、尊敬し、平和で豊かな国際社会の実現に貢献できるリーダーの育成」

開智日本橋学園中学校 理事長 学園長 青木 徹

開智日本橋学園中学は、「世界中の人々や文化を理解、尊敬し、平和で豊かな国際社会の実現に貢献できるリーダーの育成」を学校の教育理念(学校のミッション)として掲げました。
このミッション(使命)を実現するためには6年間一貫して「創造的な学び」を通して、人間力を鍛える必要があります。そこで、次の4つの教育の柱を立てました。

第一が「探究型・協働型の授業」を中心としたアクティブラーニング(主体的、能動的学び)。
第二が国際標準の教育を取り入れた世界標準の学び。
第三がグローバル化に対応した科学的、実践的な英語教育。
第四が世界・日本のトップレベルの大学を目指す進学教育です。

さらに、新1年生からのクラス・コース編成を大きく3コースに分け、6年間を4年-2年と区切りました。
クラス・コース編成は、世界の日本のトップレベルの大学を目指す、帰国生、インターナショナルスクール在籍生によるグローバル・リーディングクラス(国際先端クラス)。ハイレベルな探究型・創造型の授業を行い日本のトップレベルの大学を目指すリーディングクラス(最先端クラス)。標準レベルな探究型・発信型の授業を行い日本の難関大学を目指すアドバンスドクラス(先進クラス)です。どのクラスも30人程度の少人数クラス編成で、アクティブ・ラーニングを取り入れた学びが中心となります。

すべてのコースで、始めの4年間は中学校1年生から高校2年生までの内容をしっかり学びます。最後の2年間は「ハーバード、ケンブリッジ、東大、早慶・・・、6年あるから夢じゃない」を合言葉に、大学進学を目指して、高校までの学習の総まとめと大学進学指導を徹底して行うために、それまでの3クラス・コース制を、国際クラス、国立理系クラス、国立文系クラス、医学系クラス、私大文理系クラスの5クラス制に編成しなおし、志望大学合格に向けた本質的かつ効率的な学習を行います。

特に高校3年生は世界・日本のトップ大学を目指した高質な授業を行います。そのためには、このような指導のできる東大などを卒業した優秀な教員を中1から配属し、6年間かけて主体的に学び、能動的な学習のできる生徒を育てます。そして、高3では大学受験対策講座や大学進学に対応した夏期講習、冬期講習、入試直前対策を学校内ですべて行います。また海外大へ留学する資金援助として、ハーバード奨学金を学内で準備しています。

一方、開智で開発した5年間一貫して系統的・継続的に行う「探究型フィ―ルドワーク」は開智のものをバージョンアップして、中1は「磯の探究」、中2は「里山探究」、中3は旅行を企画し、探究先を自分でアポイントを取り探究する「国内探究」、高1はそれまでの探究を集大成させる「首都圏探究」、高2は高1までの探究を英語の論文にして海外の大学に宿泊して、大学生とフィールドワークを行い、探究を英語でプレゼンテーションする「海外探究」を行います。
このように、生徒一人ひとりが自分でテーマをきめ、疑問の発見、課題の解決のための実験、調査、研究の方法を見つけ、考察、整理、発表する「探究テーマ」の研究は、フィールドワークとリンクして5年間継続して行います。

来年から始まる「開智日本橋学園中学校」の6年間の教育の流れと、組み立ての概略を述べました。成果が出るのは6年後ですが、開智中学の一期生を超える結果が出せるよう頑張ってまいりますので、開智日本橋学園中学校を受験校の一つとしていただき、さらに入学していただけるようお願いいたします。