【全校】ヤングアメリカンズ 校内ワークショップ

今年度もヤングアメリカンズの校内ワークショップを実施することができました。
この企画は昨年度から実施されているものであり、今回で2回目の実施です。
昨年度は1期生を中心に活動が行われましたが、今年度は全校で取り組みました。

そもそもヤングアメリカンズとは・・・?

ヤングアメリカンズは1992年から「アウトリーチ」と呼ばれる教育活動をスタート。
学校やコミュニティを訪れ、小・中・高校生たちと一緒にわずか3日間(地域によっては2日間)で

歌やダンスのショーを作り上げます。

ヤングアメリカンズが第1幕を、そして第2幕では参加者の子どもたちがヤングアメリカンズと共演し、

ご両親、友達、先生方や学校関係者を驚かせることになるわけです。

世界共通言語である音楽を通して数百人の子どもたちが共に学び、お互いの強みを尊重し、

自分の可能性を発掘します。

2001年からヨーロッパに広がり、2006年には初来日を果たしました。

  【出展】http://jibunmirai.com/ya/program/outline.html 自分未来クラブpresentsヤングアメリカンズ

このワークショップは、生徒自らが立ち上げたヤングアメリカンズ招致委員会の
メンバーが自主的に企画し、開催にまでこぎつけたイベントです。
生徒は事務局の方と何度も打ち合わせを行ったり、保護者や
生徒向けの説明会を通して参加者の募集を行うなど、勢力的に活動を続けてきました。

          

ヤングアメリカンズのワークショップは、英語や日本語、もちろん音楽を交えて行われました。
参加生徒は精一杯体を動かして、積極的に取り組んでいました。
激しいダンスの振り付け、難しい英語の歌詞に挑戦し、汗を流しながらも全員が笑顔。
掲載写真は練習の様子ですが、本番のショーでは集まった見学の生徒、保護者の方、先生方を驚かせるパフォーマンスを次々と披露し、喝采を浴びました。

このイベントを通して、生徒が自主的に行動して新しいことを行う雰囲気が、より一層浸透したように感じられました。