【全校】THK株式会社ものづくり教室①

3月23日と27日に、THK株式会社の社員の方々が本校でものづくり教室をしてくださいました。

まずは23日のプログラムについてです。
50分の授業を2コマ使って行われました。
参加した生徒は中1と中2の希望者約20人です。

自分たちでプログラミングを組んで、電動のアームを動かします。
写真にある茶色の棒を、白の障害物となる棒を避けながらビニールテープで囲われた部分へと移動させるのですが
どの部品を組み合わせるのかによって、スピードや想定されるコストなどが異なり、
自分たちで立てたコンセプト(例えばコストがかかっても確実に輸送できるアームをつくる、など)に
合うように、部品を選びます。

 

一班に一人社員さんがついてくださって、丁寧にアドバイスをしてくださいました。

 

自分たちで選んだ部品をつなげていきます。
本格的なアームができて、見ている教員もテンションが上がってしまいました。

なかなか思い通りにアームが動かず、思っていた方向とは逆に動いてしまったり、
棒を思うようなところまで運べなかったり。
試行錯誤して、最終的に自分たちで組んだプログラムできちんと棒を動かせたときの喜びはひとしおでした!

こちらが、アームを動かしたときの映像です。

 

各班でコンテストを行い、社員さんが採点をしてくださって、優勝班を決めました。
生徒たちには少し難しい内容かなと思ったのですが、どこの班もきちんと棒を目的の場所まで動かせており
生徒たちの理解力の高さや集中力の高さに教員も驚きました。

この授業が終わったあとも、生徒はまだ動かしたい、プログラムを改善させたいということで
多くの生徒が理科室に残って30分以上試行錯誤しており、とても楽しんだ様子でした。

今後も、このように普段の授業ではできないような実験教室やものづくり教室を開催していく予定です。
好奇心を大切にして、どんどんこのような講習に参加していってほしいと願っています。