【1年生】磯のフィールドワーク(3日目)

磯のフィールドワーク(FW)3日目の様子です。
早朝はサッカー部をはじめとする有志の生徒がランニングで体を動かしたり、
班で集まって昨夜終わらなかった発表準備を進めている姿が見られました。

 

午前中の時間に、すべての班が磯での探究の成果を発表しました。
探究した内容が正確に伝わるように、図や絵を使って説明している様子が見られました。
IBクラスの班は、英語での模造紙作成にもチャレンジしました。

海洋大生の方からは一つ一つの班の発表について丁寧なアドバイスをいただきました。
結果のまとめ方、グラフの描き方、発表時のアイコンタクトやどこを読んでいるか指し示すことなど、生徒たちは今後の探究学習でも活用できるヒントを多く得ることができたようです。

 

閉校式での、磯のFW実行委員の様子です。
これまでの行事では頼りになる上級生に引っ張ってもらえましたが、磯のFWからは生徒が自分たちで主体的に動いていく必要があります。

生徒たちは、教員のアドバイスを参考にしながら、道具やしおりの事前準備、現地での学年の皆への指示出し、クラスの枠を超えた連携などを自分たちの力でやり遂げることができました。

実行委員の集合写真の表情からもその達成感が伝わってきます。

2年生では、4月のチームビルディングキャンプと10月の森のFWが予定されています。
これからも、生徒たちが経験を重ねながら成長していくことを願っています。