【全校】終業式

12月21日、2学期の終業式が行われました。

「君たちは何のために勉強しているのだろうか」という一円校長からの問いかけに、生徒たちは心の中でいろいろと考えたことでしょう。
終業式や始業式などの式典は、「社会に貢献するリーダー」という本校の理念を思い出し、社会に貢献するとはどういうことか、リーダーとはどのような人なのかを、振り返る節目の日です。
例えば、なりたい職業の前に「良い」をつけてみて、自分がどのような人になりたいかを考えてみよう、と校長は助言しました。
自身の能力を人のために役立てようという意識を大事にしてほしい、という思いです。

 

続いて、2学期に勉学・部活・コンクール等で活躍した生徒たちの表彰式が行われました。

英検の表彰では、多数の生徒が英検2級以上に合格して名前を呼ばれ、その中でも中学2年生で英検準1級に合格した生徒が代表で賞状を受け取りました。

その他、TOEFL Juniorで世界の英語学習者の上位7%(ゴールド)を獲得した生徒たち、ダンス部の全国大会7位、統計グラフ全国コンクールでの入選(中学1年生)、中央区の明るい選挙作品コンクール入選(中学1年生)の表彰が行われました。

生徒会長からは、卒業する高校3年生を送る行事「三送会」の出演団体の募集の話がありました。じっくり時間をとれる冬休みを有効に使って、生徒たちはそれぞれの次の行事に向かって準備を進めていきます。