【1年生】授業の様子を動画で公開いたしました②

第2回目動画。前回に引き続き中学1年生対象の国語の授業を紹介します。

国語の要約力を養うために、まず2人組の小さなグループワークでの内容の分かち合い。要約した内容の紹介を経て不特定多数の前で自分自身の持つ意見や考え方を発表できる力を見につけることを目的とした授業となっています。

この授業の回では、伝統工芸品である江戸切子に焦点をあてています。精巧な模様をつける高級品を作る職人の技術と、庶民向けの単純な模様の製品を手早く作る民間の技術の価値を比較しました。文化が広まり継承されていくという視点から捉えなおすにあたり、ファーストフードと高級レストランの普及を例にとり生徒に考えさせるなど、身近な内容を用いて考え方を広げる工夫を取り入れた授業を動画を通じて体験していただければ幸いです。