【2年生】森のフィールドワーク

10月と11月をまたいで、2年生は「森のフィールドワーク」に行ってまいりました。
まずは普段の生活ではあまり触れることのない大自然を、ネイチャーガイドさんの案内と共に一生懸命歩きます。

 

    

一旦宿に戻ってから、ガイドさんから「森の講話」を受け、富士山麓の森、天然の森林と人口の森林についてのお話を伺いました。
富士山にある生態系や、動植物の移り変わり、山が形成されるまでの過程……なんとなく頭の中で描いていた「森へのイメージ」をはるかに超えるお話に、生徒たちも目を丸くしました。

 

きのこなど特定の植物について観察をする班や、風穴周辺の岩の様子を調べる班など、様々なテーマの元樹海の中を動き回りました。
入浴や食事を済ませてから、班内で話し合い、翌日の発表準備。
ガイドさんからのお話や、自分たちが見つけたデータを、インターネットからの情報とあわせてまとめます。
まとめる過程で「自分たちが立てた仮説と全く違うのでは?」という声が上がる班も。

 

最終日の探究発表では、持ちよった検証結果を発表したところ、立てた仮説と結果が同じであった班はあまり見られなかった様子。
仮説が結果と合っていたかは重要ではなく、そこから何を考えるかが大切です。
さらなる疑問が生じた生徒や、好奇心が更にました生徒もいたようです。
「自然」という大きな存在の難しさ、偉大さを感じられたフィールドワークになりました。