【全校】創立記念講和

5月7日に、創立記念講話が執り行われました。

校長先生は、本校の114年の歴史を振り返るなかで、

本校は地域の人々の働きかけで創立した学校であるため、地域の人に恩返しできるように日々心がけることの大切さを話しました。

そして、建学の精神である「質実穏健」の意味を改めて確認し、

「穏」であることについて、生徒に問いかけました。

これに対し、生徒たちはそれぞれに、飾らず穏やかであるにはどのようにあるべきかを考えていました。

 

さて、新入生が入学してから、早1か月の時が経ちました。

本校の114年の歴史や伝統を胸に、全校生徒一丸となってこれからの未来を築いていってほしいです。